過払い金請求は弁護士に相談を

借金返済に悩んでいる人で金利が高かったのでずっと返済をしているような場合は、ひょっとして過払いになっているのではないでしょうか。法律改正があったのですが、それ以前に高い金利で借りた場合では利息は払い過ぎている状況にある場合もあるということです。以前は、法律上の矛盾があり高い金利で貸し付けをしていたことがあって、法定金利以上に支払っていることがあるのです。

 

借金返済をしている人の中で長期にわたって、返済をしているひとでは、過払いになっている可能性が高いのです。過払いの状態になっていたら、弁護士や司法書士に相談をして引きなおし計算ということをしてもらうことができます。再計算の結果、過払いになっていたことがわかったら、実際には、もう返し終わていたということもあるかも知れませんし、さらに、それ以上に過払いであれば、返してもらうことができます。

 

借金返済で過払いしていてお金が戻ってきたという人の中には、現在の借金残高が200万円で、現在の法律に合わせて再計算をしたらすでに返す必要はなく、そのうえ、368万円も過払い金があったのを、お金を返してもらった事例もあります。この人は、10年以上も、ずっと同じ消費者金融に返済を続けており、それもあって、このような過払いが生じたのですが、こういうことは実際あるので、今も、だいぶ昔の借金を返し続けていたら、過払いになっている可能性はありますので、無料相談などがありますので、調べてもらうとよいです。